頻度は高く!精度も高く!脳の検査に妥協なし!

9d0071840fdf5e14d2ac4248b0c3cc4c_s

1年に1回は脳ドック受診がお勧め

脳卒中を予防するためには脳の画像検査で、
未破裂脳動脈瘤や無症候性脳梗塞などを
見つける意外に方法がないのです。

その脳の画像検査とはMRIによる
頭の病気の検査のことなのです。

これらの未破裂脳動脈瘤や無症候性脳梗塞などはMRI
を用いて脳検査をしないと見つけられないのです。

未破裂脳動脈瘤は脳溢血、無症候性脳梗塞は脳梗塞へ
移行しやすいため早めに見つけて
病院で治療をしなければいけません。

くも膜下出血などは万一発症してしまえば、
その発症の地点で相当の方がなくなられています。

あなたは脳の病気にならない確信は持てない!?

6cc8d685c2ff7a3f5a41479636322bd7_s

脳の病気で死ぬ方はたくさんいらっしゃいます。

知っていましたか?

現在の日本人の死亡原因の第4位は脳疾患なのです。

脳疾患の中でも脳卒中はかなりの部分を占めており、
またその脳卒中の中でも脳梗塞は7割以上を
占めるというデータもあるくらいなのです。

あなたの身の回りの方も脳卒中になった方は
多いのではないでしょうか?

その中でも脳梗塞は一番多いはずなのです。

更には出血性のくも膜下出血や脳溢血
などの出血性の疾患の発症の方もおられます。

救命できても後遺症害!?やっぱり脳卒中は予防が一番!

5a1d78216ef9bc374ca6e5f636b5c5ab_s

発症後に救命できても後遺症が残る可能性は高いのです。

一過性脳虚血疾患などが起これば発症の確率が高まる
のでできるだけ早めに受診した方が良いのです。

基本的に脳の病気の発症は突然に起こり絶命したり、
救命できたとしても重篤な後遺障害を引き起こします。

身体障害などの片麻痺などを起こしてしまえばリハビリ等に
苦しみ、脳ドックでの検査を受けなかった
後悔ばかりしなければいけないのです。

脳のどんな病気も早期に発見できるのは脳ドックだけなのです。

なぜ脳ドックは重要視しないのですか?

327a82681e194997655f811bc13502db_s

健康でありたいと思っている方は多いと思います。

職場などで健康診断をしたり、人間ドックを
受ける方も多いのではないでしょうか?

がん予防の目的で健康診断を受けられる方は多いの
ですが、脳の検査を積極的にされる方はあまり
いないのではないでしょうか?

脳卒中を防ぐためにはMRIという医療機器で
脳の状態調べることが最も近道となります。

MRIは脳の状態を写しだすにはコントラストが
良く脳ドックでは優先的に使用される医療器具です。

既に人間ドックなどを受けていたとしても脳の
病気は脳ドックでないと分からないのです。

脳ドックが気になる方はコチラ↓
全国各地

コメントを残す