脳の病気は予防第一!前兆を待つな!!

1a824286457fbae7e12e5243a526de1b_s

脳の病気は予防が第一です。

たったの2時間程度のMRIで発症を予防できるのと
同時に生涯にわたる後遺症も予防できるのです。

脳を患うと、手足のしびれや酷い頭痛といった症状が、
組み合わせのように現れ出ることが多いようです。

何となく不安な方は、専門医で診察を受けることが必要です。

しかし、前兆を待つのではなく、調子の良い今だからこそ
予防の目的で脳ドックへ行くのが賢明だと考えられています。

脳溢血や脳梗塞だけでなく、脳腫瘍、
脳萎縮まで検査してくれる場合があります。

最近では認知症が問題になっていますが、その
原因である脳萎縮も脳検査で
見つけることができるかもしれません。

虚血性も出血性も動脈硬化が原因!?

4916e371ec17622e8153ba1744dd48ab_s

脳卒中というと、脳にある血管が詰まってしまったり、
その事により破れたりする疾病の総称なのです。

複数の種類に分かれますが、格段に多く見られる
のが脳梗塞だと言われているそうです。

この虚血性の脳梗塞も脳出血などの
出血性の疾患も動脈硬化が原因なのです。

動脈硬化は詰まりやすく、破れ
やすい状態の血管なのです。

脳ドックでは未破裂脳動脈瘤などの脳血管障害の
状態や症状のない無症候性脳梗塞などを
MRIなどの画像検査で行います。

このMRI/MRAなしでは脳卒中の予防ができないのです。

後遺障害は身体障害だけでない

32777b2377b927350af757dc9f500546_s

脳卒中に罹患した場合は、治療終了
直後のリハビリが何よりも大切です。

とにかく早い時期にリハビリに取り組み始めることが、
脳卒中を引き起こした後の進捗を決めると言えます。

しかし有名な片麻痺だけが後遺症ではありません。

失語症(言いたいことが言えない)などの認知機能に
障害を起こす高次脳機能障害なども
後遺症として現れることが多いのです。

更には脳梗塞や脳内出血になってしまったら食事、運動に
気を付け薬物療法なども行いながら
再発にも務めないといけないのです。

過去の閉所でのトラウマや脳ドックの値段が心配!

d0fd718dc69a2ea12ed8a34184f39c95_s

閉所といえば閉所恐怖症があげられます。

国民の10%位は閉所を嫌うとも言われています。

MRIが気になる方が多いかもしれませんが、トンネル型
だと狭いのでオープン型MRIを選択してください。

オープン型だと広いのでパニックを
起こすことなく脳検査が受けられるのです

値段に関しては保険がきかないのでどうしても高く
なりますがそれでも安い所を選べば20000円
くらいの費用で脳ドックを受けることができます。

頸動脈エコーでは動脈硬化が分かるそうですが、
あなたもその動脈硬化が進んでいるかもしれません。

いち早く脳ドックを受けたい方はコチラ↓
全国各地