予防は絶対!脳ドック体験談を参考!

9d0071840fdf5e14d2ac4248b0c3cc4c_s

私が初めて脳ドックを受診したのは
30代半ばの頃でした。

幼い頃から非常にそそっかしく、転んで頭をぶつけたり、
ぼーっとしててしまっている扉に激突したりなどが
多々あったりしたせいか、成人になってからは
片頭痛に悩まされるようになりました。

頭痛が酷い時は薬に頼ることもあり、あまりにも
長期間頭痛が続いたため、もしかしたら頭の
病気なのかもしれない等と不安を感じるようになりました。

会社勤めの為、年1回は健康診断を受診しなければ
ならず、年齢的に通常の検診ではなく人間ドックを
受診しなければならなかったので、いっそのこと
日頃から悩んでいた頭痛の原因も分かるかも
しれないと脳ドックを受診することにしました。

不安なら迷わず脳ドックへ

369f5e56f30db63ced7d0a7febf3362f_s

とにかく初めてのことだったので、どこの病院にしたら
いいのかもわからず、ネットで色々と調べてみたり
しましたが、結局自宅からさほど遠くない脳ドックを
扱っている病院に予約を入れました。

受診当日ドキドキしながら訪問。

まずは受付を済ませ指定の洋服(寝巻のようなもの)に
着替えてから普通に尿検査や身長体重・
血圧測定等を行いました。

その後いよいよ脳ドックの部屋へ。

部屋に入ると大きな機械(MRI)がドンと中心に
おいてあり、指示されるままに機械から
出ているベットへ横たわりました。

MRIに入る前にはどのような準備がいるか!?

6cc8d685c2ff7a3f5a41479636322bd7_s

耳栓をした後、体と頭を固定されヘッドホンのような
ものをつけられていよいよドームの中へ移動。

全身がすっぽり収まったところで一旦停止。

中は真っ暗でシーンとしてましたが、ヘッドホンから
先生の声が・・・これから始めますのでなるべく
頭は動かさないでくださいとのことでした。

又大きな音がするので途中で気分が悪くなったら
手に持っている呼び出しボタンを
押してくださいと言われました。

さて、いよいよ開始です。

MRIの中ではいったい何が始まるのか!?

5c1c81e6570946ed5e0fcac6c5386683_s

目を閉じて緊張しているとなにやら
工事現場のような音が大きく聞こえてきました。

ドドドドド、グイーングイーン等終わるまでそんな感じ
だったでしょうか、途中何度かヘッドホンから○○の
撮影しますので動かないでくださいの指示あり。

その後およそ20分から30分くらい経過した辺りで終了。

なんだかよくわからないうちに終わってしまった
感じでしたが自分が想像していたのとは
全く違いただただ横になっているだけでした。

そのあとは着替えを済ませ先生の話を聞くことに。

因みにその場で検査結果は出ないため後日再訪問して
結果を聞くか書類送付で自宅で確認するかとなります。

果たして脳ドックMRIの検査結果は!?

4916e371ec17622e8153ba1744dd48ab_s

私の場合はその時脳専門の先生がいらっしゃったので
その場で一旦とった写真を見せてもらいました。

見る限りでは特に問題ないとの回答もしていただき、
初めての体験でもあったのでその脳の
レントゲン写真を頂いて(料金はかかります)帰りました。

病気なのかもしれないと恐怖の日々を過ごしてましたが
なんてことはなく、今考えるともっと早くに受診して
いればよかったなんて思っているくらいです。

因みにそれからは病院は変更したものの
毎年脳ドック受診してます。

今では慣れてしまったのか受診中はあの工事現場の
ような音が非常に心地よく、検査中は
寝てしまうようになってしまっている程です。

脳ドックを躊躇している方に一言!!

1a824286457fbae7e12e5243a526de1b_s

これから受診を考えている方、結果はどうであれ
決して怖くなく面倒でもなくただただ横になって
いるだけなので、少しでも不安に感じているので
あれば是非是非受診してみたほうが良いと思います。

↑ここまでが体験談です。

現在、日本人の死亡原因の第4位である脳疾患は
脳卒中や脳腫瘍など様々な病気が該当します。

そして、これらの病気は未然に防いだり
早期発見をすることが重要になってくるのです。

脳ドックでの予防を一度は
検討してみた方が良いかもしれませんね。

脳ドックを受けたい方はコチラ↓
全国各地